トレンドニュース

中村ゆりかが橋本良亮に偏愛されるヒロインに 『痴情の接吻』

2021年6月8日

  • A.B.C-Z・橋本良亮主演ドラマ『痴情の接吻』(テレビ朝日 7月3日(土)スタート 毎週(土)深2・30~3・00/ABCテレビ 7月4日スタート 毎週(日)後11・25~11・55)のヒロイン役が、中村ゆりかに決定した。


     


    本作は、雑誌プチコミック(小学館)に連載中で、累計140万部を突破した如月ひいろによる同名漫画を原作に、読書が生きがいの女と、彼女を“偏愛”し、執着するハイスペック男の“接吻(キス)”から始まる同居ラブストーリーを描く。


     


    中村が演じるのは、図書館司書として働く才女・柏木和華。和華は、幼い頃から本が大好きで、過去のある経験から、恋愛よりも本を読む時間のほうが大事だと思っている“おひとりさま上手のツンデレ女子”。10年ぶりに再会し、突然同居を提案してきた忍(橋本)を警戒していた和華だが、忍の一途な愛の餌付けに徐々に心を開いていく。


     


    また本作のカギとなるのが、谷崎潤一郎の名作小説「痴人の愛」。主人公の男が小悪魔的な少女に心を奪われ、破滅するまでを描いたこの作品が、ある出来事をきっかけに2人をつなげることに。「痴人の愛」をモチーフにした官能小説のように美しく、刺激的なラブシーンも見どころのひとつとなっている。

    続きを読む