トレンドニュース

岸井ゆきのが難聴のプロボクサー役に挑戦「ケイコ 目を澄ませて」公開決定【コメントあり】

2022年1月13日

  •  


    岸井ゆきのが主演を務める映画「ケイコ 目を澄ませて」が2022年に公開されることが決定した。


     


    原案は元プロボクサー・小笠原恵子さんの自伝「負けないで!」。「きみの鳥はうたえる」で『映画芸術』2018年日本映画ベストテン1位に輝いた三宅唱が監督を務める。


     


    生まれつきの難聴と付き合いながらプロボクサーとなった主人公・ケイコには、「愛がなんだ」で第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した岸井。プロボクサー役としてクランクインの約3か月前から厳しいトレーニングを行ったほか、劇中で使われる手話の練習など、入念な準備を行い撮影に臨んだ。


     


    全身全霊で役を生きた岸井は「三宅監督も参加した3か月のボクシング練習、手話練習もかけがえのない時間でした。本当の意味で一緒に戦ってくれたこと感謝します」とコメント。日々の練習にひたむきに向き合い、家族やトレーナーたちの思いに触れることで揺れ動くケイコの感情の機微を、言葉ではなくまなざしで表現する。

    続きを読む